施工管理という仕事の内容とは?将来性を含め転職すべきか知りたい

施工管理の仕事は多岐にわたります。

転職のための資格取得に大きな費用はかかりません。

むしろ目標を絞ってしっかり歩むことが大事。

職業としての将来性を考えてみましょう。

◇あらゆる環境の施設・設備が施工管理の対象に。

施工管理への転職といっても、建築土木関連の建物や道路・橋の建設・改修もあれば、エンジニアリング企業の施工管理もあります。

インフラの分野では、エネルギー施設、電気エンジニアの施工管理者として全体を仕切ることもあります。

日本国内のあらゆる施設は改修時期を迎えていますので、それを前提に考えれば、どんな現場にも施工管理者が必要になると言って良いでしょう。

◇フィールドとしては非常に広範なので、絞り込みが大事。

施工管理者の需要は大きく広範なので、逆に言えば、転職前に分野を何に絞るかが重要です。

またそれによっては資格取得が必須となるものもあります。

今後20年~30年は、環境インフラの仕事が絶えることはないと言われる中ですが、転職後の迷いが生じないよう、自分はどんな施工管理技師になりたいのかを決めておきましょう。

資格取得にお金がかかっても、将来性を考えれば挑戦し甲斐はあります。

◇施工管理技師転職のための費用といってもごくわずか。

数十万円といった巨費ではないので、チャレンジすべきです。

将来的には需要があって、その先のニーズも息が長い職種です。

プロジェクトマネージャーや各種プラントエンジニアに関する施工管理技士などもあります。

自分の道が絞れたら、時間がかかっても挑戦すべきです。

★転職サイトで年収もチェック!…建設・設備求人データベース