転職するなら施工管理の仕事がオススメ?

施工管理が必須となる建築土木関連や電気エネルギー、環境インフラの世界は、今後の安定が確実視されています。

しかし転職してうまくいくかは別問題。

考え直してみましょう。

◇需要は大きく安定していても前途は厳しい。

「転職するなら施工管理技師がいい」というのは、将来に向けた需要があって、職業的に安定しているからです。

決して楽だからとか、ハードではないからといった意味ではありません。

また施工管理技師への転職は資格取得が前提であり、その資格を取得するにも高いハードルがあります。

運良く施工管理技師の資格を取得できたとしても、現場経験を積んで専門職の職人さんと対等以上の口がきけるようになるには、何年ものキャリアが必要になります。

◇転職組の施工管理技師の世界は超ハード。

世の中の職業でハードではないものはありません。

施工管理の仕事に転職できても、残業は当たり前にあります。

施工現場は定時に終わり、5時には職人さんも帰途につきますが、施工管理技師の仕事はそこからが本番です。

工期のチェックや遅れを取り戻す方策、資材の不足、人員の補てんなど、現場事が抱える課題をソリューションするのは5時以降になることが大半です。

◇施工管理技師の仕事はハードです。

世間で言われているような、“転職ができさえすれば安泰な楽な職業”ではありません。

転職組の人が資格取得後に苦労するのは、先輩キャリアの人たちの人間関係構築や、現場の職人さんたちとのコミュニケーションのあり方です。

極端に言えば、転職組でも大手ゼネコンの下請会社に就職できないと、その後のハードルは高くなるばかりです。

実状をもう一度チェックしましょう。