工事保険の選び方

工事と一言に行っても、建築工事だとか土木工事だとか工事の種類や規模が様々である様に工事保険というのも、それらの工事に合わせて様々な種類があります。

建設業において、損害保険の種類をまとめて工事保険と呼びます。

よって、工事保険に加入する際には、工事の内容を把握して、トラブルの可能性を予測する必要があります。

心配であれば、多くの保険に加入していかなるトラブルにも備えるというが良いのかもしれませんが、当然保険料は高額になってしまい、無駄に支払うということになってしまいます。

そこで、工事保険は何を基準に選べばいいのかということを考えてみましょう。

ずばり、工事保険に関して詳しいプロに相談することです。

保険会社であったとしても、建設業に関する工事保険に詳しいスタッフは数少ないといわれています。

当然工事によってケースバイケースな訳ですから、数多くのクライアントがいる保険会社で実績がなければ、その工事によってどの様な保障が重要になってくるかということが判断しにくいということなのですね。

工事保険に加入する際には、建設業事情に詳しい工事保険専門に取り扱っている会社で相談する、もしくは工事保険について相談を請け負うなどリスクマネージメントをしている会社などもありますので相談してみるといいでしょう。

工事保険選びでは、様々な事故やトラブルの事例を蓄積しているということが大変重要なポイントとなりますので、しっかり検討してきましょう。