施工管理の仕事に転職して現場とうまくやっていくには

施工管理と言いますが、それは上から目線で指示する職業ではありません。

まして転職組に類する人は、現場に敬意を払うのが先です。

セオリーを考え直してみましょう。

◇施工管理という立場より現場に学ぶ謙虚さ。

施工管理者としてうまくやっていくには、質問者が言っているように、コミュニケーション能力が一番大事です。

資格を取得し、施工管理のポジションにつくと、不慣れな人は上から目線でモノを考え、職人さんを相手に“指示”をしがちです。

施工管理者だから、指揮者だからといってそのような姿勢で臨んでいたら、あなたよりもはるかに経験の長い職人さんはソッポを向きます。

「そのようになっていないか」をチェックし直してみましょう。

◇上から目線ではなくチームワークを大事に。

現場事務所のスタッフともチームワーク、施工現場の職人さんともチームワーク~。

施工管理の仕事は、1にも2にもお互いの連繋・連帯感が必須です。

この世界に転職した人は、事務所スタッフや建築現場の職人さんにくらべてキャリアは浅いはずです。

指示をする立場ではなく、“お互いにいいものをつくろう”という対等の立場と連帯感をもたなければ、仕事は前にすすみません。

遅れや不足を、施工管理者の責任にされてしまっても仕方ありません。

◇施工管理者として上から目線で接していないか、施工の遅れやミスを現場にぶつけて不機嫌になっていないか、自分自身をチェックし直しましょう。

現場とうまくいっていない原因は、意外にも自分自身にあったりするものです。

自分は施工管理者なのだからと、押しつけたり焦ったりするのではなく、自分自身がまず反省して、達成への課題を共有できるようにしましょう。

チームワークを基本にすれば、現場はそれだけで円滑に動き出します。