施工管理の仕事に転職して現場とうまくやっていくには

施工管理と言いますが、それは上から目線で指示する職業ではありません。

まして転職組に類する人は、現場に敬意を払うのが先です。

セオリーを考え直してみましょう。

◇施工管理という立場より現場に学ぶ謙虚さ。

施工管理者としてうまくやっていくには、質問者が言っているように、コミュニケーション能力が一番大事です。

資格を取得し、施工管理のポジションにつくと、不慣れな人は上から目線でモノを考え、職人さんを相手に“指示”をしがちです。

施工管理者だから、指揮者だからといってそのような姿勢で臨んでいたら、あなたよりもはるかに経験の長い職人さんはソッポを向きます。

「そのようになっていないか」をチェックし直してみましょう。

◇上から目線ではなくチームワークを大事に。

現場事務所のスタッフともチームワーク、施工現場の職人さんともチームワーク~。

施工管理の仕事は、1にも2にもお互いの連繋・連帯感が必須です。

この世界に転職した人は、事務所スタッフや建築現場の職人さんにくらべてキャリアは浅いはずです。

指示をする立場ではなく、“お互いにいいものをつくろう”という対等の立場と連帯感をもたなければ、仕事は前にすすみません。

遅れや不足を、施工管理者の責任にされてしまっても仕方ありません。

◇施工管理者として上から目線で接していないか、施工の遅れやミスを現場にぶつけて不機嫌になっていないか、自分自身をチェックし直しましょう。

現場とうまくいっていない原因は、意外にも自分自身にあったりするものです。

自分は施工管理者なのだからと、押しつけたり焦ったりするのではなく、自分自身がまず反省して、達成への課題を共有できるようにしましょう。

チームワークを基本にすれば、現場はそれだけで円滑に動き出します。

転職するなら施工管理の仕事がオススメ?

施工管理が必須となる建築土木関連や電気エネルギー、環境インフラの世界は、今後の安定が確実視されています。

しかし転職してうまくいくかは別問題。

考え直してみましょう。

◇需要は大きく安定していても前途は厳しい。

「転職するなら施工管理技師がいい」というのは、将来に向けた需要があって、職業的に安定しているからです。

決して楽だからとか、ハードではないからといった意味ではありません。

また施工管理技師への転職は資格取得が前提であり、その資格を取得するにも高いハードルがあります。

運良く施工管理技師の資格を取得できたとしても、現場経験を積んで専門職の職人さんと対等以上の口がきけるようになるには、何年ものキャリアが必要になります。

◇転職組の施工管理技師の世界は超ハード。

世の中の職業でハードではないものはありません。

施工管理の仕事に転職できても、残業は当たり前にあります。

施工現場は定時に終わり、5時には職人さんも帰途につきますが、施工管理技師の仕事はそこからが本番です。

工期のチェックや遅れを取り戻す方策、資材の不足、人員の補てんなど、現場事が抱える課題をソリューションするのは5時以降になることが大半です。

◇施工管理技師の仕事はハードです。

世間で言われているような、“転職ができさえすれば安泰な楽な職業”ではありません。

転職組の人が資格取得後に苦労するのは、先輩キャリアの人たちの人間関係構築や、現場の職人さんたちとのコミュニケーションのあり方です。

極端に言えば、転職組でも大手ゼネコンの下請会社に就職できないと、その後のハードルは高くなるばかりです。

実状をもう一度チェックしましょう。

施工管理の仕事はハード?資格を取得し転職を考え中

施工管理の仕事を、「楽だから残業がないから」といった尺度で考えるなら、転職などしないほうがいいでしょう。

施工管理技師の日常をお話ししておきます。

◇施工管理という仕事の本質を認識すべき。

残業が多いかどうか、ハードかどうかで施工管理技師への転職を考えているなら、質問者自身、自分の将来をゼロベースで考え直した方が得策です。

施工管理の日常は、業界や職種にもよりますが、つねに現場と事務所を行き来しつつ、どちらかといえば、現場が終わってからの仕事が本番になります。

工期の遅れをどう取り戻すか、資材の補てんをどのように手配し間に合わせるかなど、明日のための準備が必須だからです。

残業は当たり前の世界です。

◇楽な仕事を選びたいなら公務員への転職を。

施工管理は、5時~6時できっかり帰路につけるような職種ではありません。

しかも転職するには資格の取得が必須で、そのための現場研修や実地時間などをクリアしなければなりません。

資格を取得して転職に成功するまでのハードルが高いのに、残業やハードの度合いを考えているようでは、その時点で失格と言わざるを得ません。

施工管理技師には不向きです。

沖縄ではこんな問題も…「行政が人材「引き抜き」 沖縄の建設業界が対策要請:日本経済新聞

◇同じ資格を取るのなら、施工管理技師への転職ではなく、公務員への転職を考えた方がいいでしょう。

最近では、働き方改革といった議論がなされているようですが、残業のない、ハードでもないような仕事は民間にありません。

施工管理技師は現場の指揮者でもあるので、現場より早く切り上げることは許されません。

現場を見守り見届け、たとえ徹夜してでも、明日の準備までを完璧に終わらせるのが仕事です。

施工管理に転職、資格の有無は大きく響く?

施工管理者に転職して現場に立つには、自分がすすむべき進路を決め、必要な資格を取得する必要があります。

甘くはない施工管理技師への道を知っておきましょう。

◇自分の道を絞り込み将来像を決めること。

たとえば建設業だけでも29~30の業種があり、施工管理の現場はそれぞれにあります。

技師としての需要は大きくても、必要な資格をもたずに転職したり、無資格で現場に入らせてもらえたりすることはまずありません。

たとえば30種類ある建設業の現場をネット検索で丹念に調べて、「転職にあたってはどんな資格取得が必要になるのか」を調べましょう。

そうやって自分の将来をしっかり定め、資格取得のための勉強をスタートさせるのが優先事項です。

◇資格を取得してからが多難な施工管理技師。

厳しい言い方になりますが、施工管理技師への転職組は、資格を取得してから難関が待ち受けています。

資格取得に現場経験が必要になる場合もありますが、取得後もそれで現場に立って采配を振るえるようになるとは限らないからです。

運良く転職できて現場に入れても、経験・キャリアがないと職人さんたちとのコミュニケーションが取れないからです。

◇施工管理技師は、建設工事を計画的にすすめるための品質管理や日程管理までをすべて把握する必要があります。

現場の状況をすべて把握し指示を与えるとか見守るという作業には、職人さんと同等の知識が必要です。

またそれなりのキャリアがあって初めて対等な立場が築けます。

転職と言えばバラ色に見えますが、前途多難であることを覚悟しておきましょう。